一般情報

面積

17,818Km2(四国とほぼ同じ)

人口

約250万人(外国人158.6万人を含む)(2003年6月)

首都

クウェート

人種

アラブ人

言語

アラビア語(公用語)、英語も広く話されている。

宗教

イスラム教85%(スンニ派70%、シーア派30%)、その他15%(キリスト教、ヒンドゥ教、ゾロアスター教など)

休日

金曜日

祝祭日

1月1日元旦、2月25日クウェート建国記念日、 2月26日クウェート解放記念日、他イスラームの宗教行事による各祝祭日(イスラーム暦に準拠するため毎年変動するが年間11日程度)

略史

16世紀にヨーロッパ列強が湾岸地域へ進出するようになりクウェートの存在が知られるようになった。
18世紀アラビア半島中央部から移住した部族がクウェートの基礎をつくった。
1899年英国の保護国となる。
1938年に大油田が発見され、1961年6月19日英国から独立。
1990年8月2日隣国イラク軍のクウェート侵攻、 1991年2月23日多国籍軍がクウェートに進軍を開始しイラク軍を攻撃し3日後、2月26日イラクの7ヶ月に及ぶ占領から解放。