熊野東中学校生徒による大使館訪問

ユーセフ・アルタルケット二等書記官は、大使館の文化交流プログラム推進の一環として広島県熊野東中学校の学生一行を大使館で迎えた。熊野東中学校と大使館の文化交流はここ数年続いており、アルタルケット書記官は今年の訪問者を歓迎した。

レクチャーで生徒は、クウェートの文化、歴史、環境に関しての説明を受け、アラブ地域と文化について学んだ。また、クウェートの興味深い情報とクウェートと日本の違いについても学習した。

ディスカッション後、学生グループは熊野町と熊野町の名産品熊野筆に関してのプレゼンを英語で行い、学校からのギフトとして大使館へ贈呈した。アルタルケット書記官は、熊野町と筆に大変興味を示し、いつか訪問する旨述べた。